ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 修理
  4. FILSON (フィルソン)の鞄をリメイクして

FILSON (フィルソン)の鞄をリメイクして

こんにちは(#^.^#)
今日は、以前にもご紹介しましたが、
アウトドア・クロージングで人気のFILSON のご相談を承り、仕上がったので、
ご紹介します。

今回は、ファスナー脇のほつれ、底面にやコーナーなど所々にダメージがあり

今後も使用するにあたって何か、良い方法がないか、ご来店頂きました。

拝見した所、ファスナー脇のホツレは、オリジナルを活かすには

少し短くしてファスナー脇に入れ込むか検討はしましたが、頻繁に使用する箇所なので、

帯状に革をあてて心配なく使用出来る様にご提案。

 

 

フィルソンの鞄は、生地が何枚も重なってしっかりと作られているので、

表面がほつれてしまっても中は丈夫ですが、底の部分とコーナーのほつれは、

所々もほつれが始まりかけているのが、少し心配。。。

安心してお使い頂く為に、以前にもご紹介した底やコーナーに

革をあててリメイクすることで、承りさせて頂きました。

ファスナー脇の革あて仕上がりは・・・

自然なラインで、安心して使用できるように補修しました。

そして、背中の底ほつれと 所々のホツレは・・・

 

部分的に補修しても、使用時は背中部分が一番当たって摩擦が多くなるので、

あえて、全部革ポケットにリメイクしました。

底も同様に前面革底へ

正面から見ると・・・

 

正面は、あまりイメージを変えずにできたかと思います。

背中部分と底全体を革にしたことで、少し硬いイメージになりましたが、馴染みやすい革を

使用したので、何回かご使用して頂けると、フィルソンらしさが出て来ると思います。

永く、使用して頂けたらと願います。

遠方の中、ご来店、ご依頼ありがとうございました。

浅草に来た際には是非、フィルソン鞄でご来店そして、

ご使用状況など聞かせていただきたいです。

 

 

¥30,240 期間40日間頂きました。

ありがとうございました。

 

 

関連記事