ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 修理
  4. かかとの内側のすり減り部分(すべり革)を、新しい革でお直しします。

かかとの内側のすり減り部分(すべり革)を、新しい革でお直しします。

いつもブルーブロンズをご愛好いただきありがとうございます。

今日は男性の方にお悩みが多い ソール底の消耗とかかとの内側のすり減りの修理をご紹介します。

全部交換しないとダメかな・・と ご相談にご来店いただきました。

拝見したところ確かにレザー底が消耗で穴が開いてしまっています。

オールソール交換することも検討しましたが、穴を補修(アタッチ)して半張り(ハーフソール)とカカト(リフト)の部分的なお直しでも十分安心してお履きいただける靴の状態であることをご提案させていただき

今回は、半張り穴補修とかかとゴム交換でお直し承りました。

そして、ここも擦れちゃって履き方が悪いのかな・・・とアッパー踵部内側のすり減り部分のご相談も受けました。

イエイエ、履き方は全然悪くありません。

甲まで深く収まっているので歩行時に靴内でカカトが動き 摩擦ですり減りやすく男性の方に多いお悩みです。

こちらは、ダメージ箇所を新しい革でカバーして補修(すべり革修理)することが出来ます。型崩れの予防にもなりホールド感も増しますので、すべり革も追加で承らせていただきました、ありがとうございます。

出来上がりは・・・

先ず、半張りとかかとゴム交換

穴補修してハーフソール(ラバー)を取り付けることで、レザーに比べて滑り難く耐久性も高まった仕様になっています。

全体のビフォーアフターです。

そしてかかとの内側補修(すべり革修理)

 

新しい革で張りが出ました。ケアしながら、更に良い相棒になってくれるのではないかと思います。

意外と かかとの内側補修(すべり革修理)が出来ることを知らない方が多い様です。

因みに、こちらは他のお客様のすべり革の出来上がり品です。

お困りの事ございましたら是非一度ご相談下さいませ。

お待ちしております。

すべり革 両足¥3240(税込み)~ 期間2週間で承っております。

宜しくお願い致します。

関連記事