ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. クリーニング
  4. オールデンのローファーをクリーニングと革オールソールでお直し

オールデンのローファーをクリーニングと革オールソールでお直し

今回ご案内させていただく修理はクリーニングとあわせてするには効果的なオールソール交換です

よろしくお願いします

 

オールデンを何足もお持ちで素敵に履きこなしているお客様が靴の修理のご相談でご来店くださいました

お客様も革底が好きなこととオールソール交換をお考えだったのでその方法がベストとなりご依頼いただけました、ありがとうございます

革底手配はせず通常交換で使用しているイタリア革底を使用、リフトは革コンビリフト(クサビ型)でお直しすることになりました

オールソール修理をされるお客様には靴の状態を拝見してクリーニングをご一緒にいかがでしょうかとご案内させていただいているので説明させていただきクリーニングもあわせてご依頼いただきました

 

それでは作業開始です

まずは靴底を解体していきます

中敷きをはがしヒールを固定している釘をぬいてヒールを取り外します

外し終えたら底とアッパー部をつないでいるステッチを切りはがします、がっつりしたシャンク(靴の背骨のようなもの)がはいってました 迫力あります コルクはだいぶ潰れて傷んでいますね

シャンクと古いコルクをはずしてクリーニング作業へ入る準備は完了です

 

中底(足をのせてる底)が表と裏からしっかり洗え汗などの汚れをとることができることがオールソールをされるお客様にクリーニングをおすすめさせていただくポイントです

細かな場所もしっかり洗いすすぎ層でしっかりすすいでそののちに栄養と潤いをあたえる層へ

この数層に分かれた大きなシンクと大きな乾燥機は当店の強みです

水気をきったのちに防カビスプレーと柔軟剤で衛生面とふんわり感をアップさせ乾燥機で乾かしていきます

乾いたらドライクリーニング(手洗い)で仕上げていきます、今回はオールソール作業があるため最終仕上げは交換作業終了後になります

 

洗い終えた中底にシャンクを取り付け固定

新しいコルクをつめ直し革底をとりつけます

ヒール取り付け位置にあたりをつけてから底を縫うためのミゾをほります

底縫い完了!今回はグッドイヤー製法の靴でしたのでダシ縫い(アウトステッチ)で全周縫い(ダブル)の仕様でした

ヒール取り付け前にオリジナルの高さに合わせバランスをとった後ヒールを取り付けて微調整をします

ヒールを固定しリフトを取り付けリフトに飾り釘を打っていきます、その後底面とコバやヒールを着色

オールソール作業完了!

 

クリーニングの最終仕上げをして

このようにお直しさせていただきました、スエード感もリフレッシュ 内も外も元気になりました

お客様にも喜んでいただけてこれからも頑張るぞ!の力もらえました、ありがとうございます

 

革底はつま先がどうしても摩耗しやすいので補強や補修で対策できます、たまに確認してあげるとお気に入りの靴も喜ぶと思うので是非

 

今回のお直しは

クリーニング ¥2800(税込み)+ 起毛素材 ¥500(税込み)

革オールソール ¥13650(税込み)

修理期間は一カ月いただきました。

 

関連記事