ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 修理
  4. Timberland(ティンバーランド)のレースアップブーツをビブラム♯7124リップルソールでカスタムオールソールです

Timberland(ティンバーランド)のレースアップブーツをビブラム♯7124リップルソールでカスタムオールソールです

今回はご紹介したいティンバーランドのカスタムオールソールのご依頼がもう1足ございますので連投させていただきます

よろしくお願いします

当店をご利用いただいているお客様がお直し品のお引き渡しの際にお話ししてくださったティンバーランドのブーツをお持ちになってご来店くださりました、ありがとうございます

カカトは以前、修理屋さんでお直して履いてきたそうですが全体的に摩耗してきたなぁという感じと違う雰囲気の底でオールソール交換をしてみたいとのお客様のお話にワクワクしました

さっそくサンプル底材を見て触っていただきながら一緒に新しいイメージを固めていきます

ヒールありの現在の仕様の方向でお直しをするか

平底(フラットソール)で違う仕様の方向でお直しにするか

お客様が手にとって「コレでできますか?」と聞いていただいた底材は

ビブラム♯7124 リップルソールでした  色味は黒とオリーブとタンのご用意があります

シャークソールの愛称で呼ばれるこの底材は、自分の靴に装着(自分は完全に見た目と面白そうが優先で選択しました。)してみて歩いているので見た目と想像に反して歩きやすい事と耐久性がある事は体感済みでした

思いのほか少々重いなぁと感じる部分がややマイナス部分です(個人的に)

① もちろんシャークソールを使用してのお直しは可能であること

② カスタム感も高くおすすめの底材であること

①②と自分で履いてみた感想をお客様にお伝えしてシャークソールの色味はオリーブをご選択されてのお直しをご依頼をいただけました

ありがとうございます

それでは、お直しをしていきましょう

まずはアッパーからオリジナルの底を取り除いていく分解作業です

この靴は飾りウェルト(セメント、マッケイ製法に使用する接着で取り付けるフチまわり)にアウトステッチをかけてミッドソールとアウトソールを固定している不思議な仕様でした

ウェルトは状態と雰囲気も良かったためオリジナルを使用したかったのでアウトステッチを慎重に切って糸目をウェルトに残し飾りステッチとして利用しました

接着でウェルトをアッパーに再固定したら合成のゴムミッドソールをとりつけて底縫い(マッケイ)をかけます

底縫いが完了して土台ができたらシャークソールを取りつける組み上げをしていき完成です

仕上がりはこの様にさせていただきました

オリーブ色がなんとも良い感じです

やはりシャークソールは視覚的なインパクト大きいです

カスタム感が高くなりますね

合成ゴムミッドソール黒とシャークソールの間に、黒スポンジを加工してカカトから土踏まずあたりまでにハーフスリップという重心バランスをとるためのミッドソールが入っております

ウェルトはインクではなくクリームで着色して自然な感じで仕上げました

お客様にお引渡しした際、その場で履き替えて感想を伝えていただきとっても嬉しかったです、ありがとうございます

お客様のイメージにあったカスタムにたどり着けて本当良かったです

またのご来店を心よりお待ちしております

今回のお直しは

オールソール(メンズ) ¥9900(税込み)

底材手配 ビブラム♯7124オリーブ ¥2420(税込み)

ミッドソール交換 ¥2200(税込み)

ハーフスリップ ¥2200 (税込み)

期間は1か月半をみていただきました

関連記事