ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. クリーニング
  4. ユニオンインペリアルUチップをグッドイヤーウェルト交換してダイナイトオールソールでお直しする

ユニオンインペリアルUチップをグッドイヤーウェルト交換してダイナイトオールソールでお直しする

今回は、手で縫うお直し靴をまとめてご紹介したく思い連投させていただきます

ジップアップブーツの記事と併せて読んでいただけると幸いです

その2は、グッドイヤーウェルト交換(すくい縫い)を書いていこうと思いますので、よろしくお願いします

こちらのユニオンインペリアルのUチップの靴をお直しの相談でお持ちいただけました、ありがとうございます

サイド部がはがれてきてしまったとの事で、靴の状態を拝見させていただき確認するとアッパーと中底(足をのせる部分)とウェルト(底と縫いつけるフチまわり)をつなぐ(縫い付けている)すくい縫いが切れてしまっている状態でウェルトの状態もダメージが多い状態でした

接着ですくい縫いが切れてしまった部分を固めてしまう方法では強度面でも構造上でも難があり応急処置としては使用できる方法なのかもしれませんが。。根本的にお直しするにはすくい縫いをし直さねばなりません

底面の摩耗が進んでいる状態である事と、すくい縫いをし直すにはオールソール交換が必要となってくるためお直しプランを2つご提案させていただきました

1つは今縫いつけてあるウェルトのすくい縫いが切れてしまっている部分を縫い直して使用しオールソールする方法

2つ目は新しいウェルトに交換しすくい縫いをしてオールソールする方法です

お客様よりベストな判断をとお任せいただけたので、ウェルトの状態が良くない事とこのお直しの先に再びオールソールしてお履きいただける靴にしたいと思ったので、2つ目の新しいウェルトでのお直しをさせていただくこととなりました、ありがとうございます

それでは、お直しの開始です

まずは、底を解体して縫い付けてあるウェルトを取り外します

この靴はハンドソーンウェルテッド製法の靴でした、機械式生産の靴に多い中底に接着でとりつけてあるリブテープと言われるものにすくい縫いをかけていくのではなく中底に直接すくい縫いをかけていく手製靴ならではの製法です

新しい革のウェルトを一目一目すくい縫いで取り付けていきます、ふぅ~

すくい縫いが完了したらハチマキ(靴のお尻に取り付ける部分)を作製し取付けてシャンクを固定しコルクを詰めます

底材はオリジナルと同じくダイナイトソール黒でのお直しです

底縫い(アウトステッチ)をかけヒールを取りつけ最終仕上げを終えて完成です、やったぁ

仕上がりはこの様にさせていただきました

ダイナイトのパターンもビっと復活して歩き心地も新たに気持ち良くお履きいただけると思います

ウェルトを交換することで新しくしなやかな状態になりましたので、これから先のオールソール交換のお直しは安心です

ウェルト出幅は狭すぎずこれから先のオールソール交換を考えてアウトステッチのかけられる縫い幅を残すバランスで調整させていただきました

無事お客様にお引き渡しができ仕上がりにご満足いただけて本当に良かったです

お時間をいただきありがとうございました、またのご来店心よりお待ちしております

今回のお直しは

グッドイヤーウェルト交換(すくい縫い) ¥11000(税込み)

オールソール(メンズ)ゴム ¥9900(税込み)

底材手配 ダイナイトソール黒 ¥2420(税込み)

期間は1か月半~2か月をみていただきました

関連記事