ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 修理
  4. ILLEI(イレイ)内羽根クォーターブローグを音鳴り解消のためオールソールする

ILLEI(イレイ)内羽根クォーターブローグを音鳴り解消のためオールソールする

いつもご愛顧いただきありがとうございます

今回ご紹介するお直しは、歩行時に何か気になる音がするなぁ、どこか壊れてるのかな?といった問題を解決する方法の一つです

よろしくお願いします

 

絵のような綺麗な模様のILLEIの靴をお直しの相談でお持ちいただきました、ありがとうございます

外見の状態はとても良いのですが、歩行時にキュッキュッときしむような擦れるような音がするとの事

履いて歩いていただくと確かにキュッキュッと音がします

音鳴りの原因は、接着不良で空気が入って抜ける音やアッパーの擦れる音、底の擦れる音などなど様々で特定判断するのは難しいです

多いケースは、シャンク(ふまず芯)と呼ばれる中底(インソール・足をのせる所)に取り付けられている靴の背骨のようなモノが折れてしまっていたり外れてしまっていたりする事が原因の音鳴りです

シャンクのお直しは、作業上靴の内部を出さなければいけないためオールソール交換が必要となってくるケースが多く、底縫いされている靴は必ずオールソール交換が必要となります

パンプスなどの婦人靴は、歩行するための応急処置的に折れてしまったシャンクを外側からギブスのような形でプレートを固定してお直しする方法もありますが音鳴りは完全解消とはなりません

 

オールソールは靴への負荷も少なくないため一度お磨きでお預かりさせていただき羽根部内側への油分や底面から熱をあたえて接着されているノリを戻してあげて圧着する方法で音鳴りがおさまらない場合オールソール交換でお直しさせていただくことになりました

作業完了後お客様に履いて歩いていただくと。。。キュッキュッ

やはり内部の問題のようです、オールソール交換で原因を解消です

仕様は、今現在の仕様と同じゴムミッドソールと革底のダブルソール+ゴム半張りでご依頼いただきました

 

靴の解体作業を進行させながら原因を探ります

ミッドソール(中板)キワ部は接着されているのですが中央部の接着が弱っておりパカパカしている状態であった

シャンクは折れていなかったが、固定しているパーツが弱っておりパカパカしている状態であった

この点をしっかりお直しして完成です

できる限りオリジナルと近い雰囲気を意識して強度アップ

横からは

お客様にご来店いただいて履いて歩いていただく緊張の瞬間です。。。。。。。。。!

音鳴りが消えました!!

本当にホッとしました

アッパーのつり込みなどなどの問題からの音となると原因がわかっても手を出すことが難しいため自分の正解を信じて修理作業しながらも不安でした

無事お客様に問題を解決した靴をお渡しすることができ本当に良かったです、気持ち良く履いていただけたら修理屋冥利に尽きます

またのご来店お待ちしております。

 

今回のお直しは

革オールソール(メンズ) ¥13650(税込み)

中板(ミッドソール)交換  ¥2160(税込み)

半張り レギュラー  ¥2490(税込み)

期間は1か月いただきました

 

関連記事