ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 修理
  4. FILSON (フィルソン)リュック 底切れ修理  

FILSON (フィルソン)リュック 底切れ修理  

今日は、アウトドア・クロージングで人気のある

FILSONのリュックのお直しをご紹介です。

カーキとブラウンの配色カッコいい。

この色の組み合わせが、店頭にあると、どんなアイテムでも、

ついつい手に取ってしまいます。。。余談でした

 

FILSONご愛好者のお客様からの、ご依頼

底の生地が摩擦で弱くなってしまい、切れ始めている

何とか修理出来ないものか・・・

確かに!このままだと使用できなくなってしまいます。

ご提案としては、

①千鳥縫いで補強する。ただ、ホツレ範囲が深いので強度が弱く、見た目も直した感は出てしまいます。

②底に革をあてて、補強する。分解してパーツ作製するので期間は1ケ月間

愛着のあるBAGで永く使用したいとのことで、②の底に革をあてて補強することで、承りました。

 

本体自体のイメージを崩さず、バランスと強度を考え格闘期間1ケ月間・・・

技術者が仕上げてくれました。

 

スゴイ!!Tさん リュック背負った時のイメージは変わらずです。

今回は、 分解してリュックのデザイン上各パーツ作製など少し多く期間1か月間 価格¥23000税込み

 

その他、

ビジネスマンには欠かせないお悩み修理 ショルダーループ切れ

なども、¥2,160から 承っています。

期間2週間から

上記写真は 革をあてましたので¥4,860 期間3週間でした。

お気軽に、ご相談くださいませ。

お待ちしております。

関連記事