ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 修理
  4. 宮城興業のウィングチップを革半張りでお直し、その後

宮城興業のウィングチップを革半張りでお直し、その後

今回は革半張り修理をご案内していきたいと思います

宮城興業の素敵なウイングチップの靴をお持ちいただきました、革底の一部がはがれてしまったとのこと

ヒドゥンチャネルや伏せ縫いと呼ばれる底付け方法

革底端から薄く切れ込みを入れていきめくってそこにアッパーと革底を縫い合わせている糸をおさめて隠し保護している方法、底縫いの糸が見えないようにしている靴です

摩耗で糸を隠している(被せている)革がはがれてしまったと考えられます

革底は摩耗が激しいため保護の面でもゴム半張りでのお直しをお勧めしましたが通気性、履き心地などで革底が良いなとのこと

はがれている部分を接着で整えても厚みもないためすぐ摩耗ではがれたりやぶれてしまうと考えられたので革半張りをご提案しご依頼頂けました

このような感じでお直しさせていただきました、これで縫い糸の保護もしかりできます

取りつけた革半張りが磨り減ってきたら新しい革半張りへ交換、つま先のみ革で補修して履いてから新しい革半張りへ交換、つま先スチール取り付けなどなどお直しの選択肢が増えたと思います

履きこんでしまった革底でも補修+革半張り+底縫いでお直しすることは可能なのでオールソール交換は予算的にちょっとなぁ….なお客様も是非お持ち下さい、お待ちしております!

もちろん履き味重視で履ききって革底でオールソールをと考えるのもひとつの方法です

お客様のベストと思えるお直しを考えこれからも提案していきたいと思います、よろしくお願い致します。

 

今回の修理は

革半張り¥4100(税込み) 期間は1週間いただきました

 

後日カカトのお直しもご依頼頂き修理屋冥利につきます、ありがとうございます

関連記事