ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. クリーニング
  4. ネペンテス別注ハソーン オックスフォード ラフアウトをクリーニングとビブラム♯9105でオールソール

ネペンテス別注ハソーン オックスフォード ラフアウトをクリーニングとビブラム♯9105でオールソール

いつもご愛顧いただきありがとうございます

以前、暖かくなってきたなぁというこの時期、中古でこの靴を購入し直してブログ書いたなぁと思う

そして今回も書く、そんなブーツ好きな私です

よろしくお願いします

以前は、黒の表革のネペンテス別注ハソーンを中古で入手しお直しを紹介させていただきました。ゴリゴリに履いておりますよ

今回は、ラフアウト茶のネペンテス別注ハソーンを中古で入手しましたのでこちらを使いお直しを紹介していきたいと思います

修理プランはクリーニングと底の交換

目的は、お客様の靴をクリーニングさせていただいている時に思ったり感じたりする試してみたいなと思うことを試してみる事

自分が修理で使用したことがなくまだ履いた経験の無い底、興味のある底を取り付け履いて試してみる

以上を念頭に思いっきり自分の靴なので攻めてみようと思います

今回選択した底材は、ビブラム♯9105です

色は黒、茶、白、オークがありましてオークを選びました

以前から気になっていた底なのでこのスリットが入っている効果や履き心地は楽しみです

お客様からお預かりしているお直しを進めながら少しずつですがこの靴を直していき完成!!

新しい靴ヒモに交換して仕上がりはこの様に

試してみたかった洗い方の変化をわかりやすくするため過度な感じで試してやってみたのですが、うまくおさまりました

今後のお客様のクリーニングに活用していけます

クリーニングする事の利点として型崩れがだいぶ解消されますね

底材は無事取り付けとはいかず。。。コバがかなりせり出している靴なので1番大きなサイズの底を用意したのですが、それでもかなり横幅ギリギリとなりヒヤヒヤしました

この靴にオリジナルでビブラム♯2021が取り付けられている意味を知りました、幅の余裕がある方が良いと

ビブラム♯9105は横幅がやや絞り気味なのですね、勉強になりました

大体の靴やブーツに対応できる底と思いましたが、横幅が広い靴には注意してご案内していこうと思います

バッチリ取り付けとはいきませんでしたが、興味のある底を履いて歩いて試すことができる状態になりました

さっそく履いて作業してみるとかなりの楽さ、気に入りました

スリットが入っているおかげで得られる屈曲性の良さ確かに

耐久性もあるようなのでそこを体感して知るのはこれからです

これからゴリゴリ履いていこうと思います

当店オリジナルシューズ

ホーソンとボズエルのカラー底バージョン鋭意製作中であります

よろしくお願いします

 

今回のお直しは

クリーニング ¥2800(税込み)+起毛 ¥500(税込み)

オールソール(メンズ)スポンジ ¥9450(税込み)

底材手配 ビブラム♯9105 ¥2200(税込み)

期間は1か月いただきます

関連記事