ブログ

私たちの仕事をブログで紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. クリーニング
  4. ウォークオーバー ホワイトバックスをクリーニングしてレンガ色スポンジオールソール

ウォークオーバー ホワイトバックスをクリーニングしてレンガ色スポンジオールソール

今回は私が中古で購入した靴を使ってクリーニングとオールソール修理の流れをご案内していきたいと思います

よろしくお願いします

 

題材になる靴はこちらのウォークオーバー ホワイトバックスです

状態も良好でお買い得でありました、中古靴に抵抗がある方々も多いのですがしっかりお手入れすれば

履いてみたいなぁなんて考えていた靴、昔気に入って履いてたなぁー、今売ってないんだよなーのような靴を入手するにはとっても良い方法だと思います

お手入れ開始

今回はクリーニング(丸洗い)して靴底も全交換(オールソール)をします

 

まずは靴の内側もしっかりあらうため靴底を解体してアッパーだけの状態にします

解体完了後クリーニング作業へ

靴の内側外側からしっかりと当店自慢の洗剤を使い洗いをかけていきます

洗い終えたらすすぎ洗いの槽へ 洗剤を洗い流していきます

すすぎ洗い完了後、靴の栄養を補給させるため独自の柔軟剤を入れた槽へつけこみます

水気を拭き取り形を整えてから当店自慢の乾燥機へ

乾燥させながら靴の状態を確認しつつここからはドライクリーニング(手洗い)で仕上げていきます

汚れやニオイなどがまだ取り除けない場合は再び浴槽での洗いをかけます

 

今回はオールソール交換をするので最終仕上げは交換作業完了後に行う流れです

洗いをかけたアッパー、まずは新しいコルクをつめていきます

交換するにあたりスポンジより耐久性のあるビブラムのレンガ色のゴム底にしようかなぁと考えましたがまずはオリジナル仕様にしてみようと思いレンガ色スポンジで交換することにしました

革のミッドソール(中板)をとりつけます 今回は革にしましたがゴムももちろんあり 差し色的な感じでカラー物をいれてみるのも遊び心があっていいですよね

取り付けたミッドソールにアッパー部と縫い付けるための溝を掘り今回の靴はグッドイヤー製法なのでダシ縫い(アウトステッチ)をかけます

ダシ縫い完了

レンガ色のスポンジ材を取り付けととのえます

カカトを取り付ける位置を決めて取り付け

全体的に機械でととのえたらオールソール作業完了

 

ここからクリーニングの最終仕上げをしていき完成であります!!

靴ヒモも交換でリフレッシュ感をさらにアップ

春も来たのでお手入れ完了したこの靴楽しんで履いていこう

 

古着を買う感覚で靴も気に入ったものがあれば買ってみようかなぁとなれる選択肢のひとつとして皆様のお力になれれば

とても嬉しく思います

よろしくお願いいたします

 

今回のお直しは

クリーニング ¥2800(税込)

紳士スポンジオールソール ¥9450(税込)

中板(ミッドソール)交換 ¥2160(税込)

期間は1カ月いただいております

 

 

 

関連記事